近年、個人情報や企業の機密情報の漏洩が増加し、深刻な社会問題となっています。
データ通信やファイルのアクセス手段が急速に進歩し、人員の流動が頻繁に行われて
いる現在、情報漏洩防止の対策は企業にとって重要な課題といえます。
多くの企業は従業員のモラル教育や社内における規則作り、限定的なセキュリティな
どを実施している程度であり、情報漏洩に対し危機感を持ちながらも積極的に対策の
ための投資を行っていないのが実情です。

情報の漏洩は、約80%が企業内部に要因があり、パソコンの盗難やハッキングなどの外部要因よりも従業員
や派遣社員など内部の人間による持ち出し、誤操作が要因として多くを占めています。
情報漏洩の手段として、フラッシュメモリや紙媒体のコピーによる持ち出し、Eメール送信などがあります。
また、外出先でパソコンやフラッシュメモリの紛失による流出、Eメールの誤送信など情報の漏洩には様々な
原因が考えられます。




VESバーチャル暗号化システムのパンフレットはこちら
お問い合わせ先
TEL:03-5809-3968    担当:森本,白木